2005年 10月 19日

Novecento

e0072382_1647731.jpg

映画にもなったこの話が気に入っている。
船で生まれ、船で育ち、一生船を下りることなくピアノを弾き続ける男の話。

鍵盤には限りがあって、だからこそ人は自由に音楽を奏でることが出来るのだ。
もし鍵盤が無限に続いていたら・・・?

果てしない世界に自分で区切りを見つけていくこと。
トップウオーターでのバス釣りも、フライフィッシングも、
きっとそういうことなのだ。

果てしなく膨らむ物欲はいったい・・・というツッコミは却下の方向で。
[PR]

by paranoia1970 | 2005-10-19 00:03 | オススメ


<< Memory       冬の楽しみ >>