Deep Water Bluez

muehlheim.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 14日

再会

e0072382_304532.jpg

入院していたルアー達がようやく退院し、我が家に帰ってきた。
4年ぶりの再会だ。

 この子達を修理に出したのはここに来る前、4年前のこと。
そのときの彼らときたら、丸裸と言ってもいいほど塗装が剥がれ、
下地の「木」が表面のほぼ7割くらい露出した、なんとも悲惨な状態。
それまで使いこまれた年月が味となって・・・なんてことも言っていられなかった。
なんとしてでも使い続けたいとの想いがつのり、ダメで元々、
「修理できませんでしょうか・・・」
新宿のF来堂にお願いしたのだ。 

そして4年経った今 突然
修理が終わったとの知らせ。
驚いた。 忘れてた。

まるで新品のようになって帰ってきてくれた彼ら。
勲章だった歯型が消えてしまったのは少し寂しいが
それは今後に期待するとして・・・。

なにより、あの状態のルアーを(無償で!)修理してくれた
クワイエットファンクを心から感謝し、また尊敬したい。

傷ついたり 壊れたり またそれを直したりしながら
つくり手の想いと使い手の想いが積み重なっていき 
モノが自分にしか見えないオーラを放ち始める。
長い時間をかけて 自分だけのかけがえの無い一品が出来ていく。
そんなプロセスが本当に貴重に思えるのだ。
[PR]

by PARANOIA1970 | 2005-11-14 06:45 | ルアー


<< 冬支度      東京 >>