カテゴリ:ルアー( 79 )


2007年 12月 05日

Timeless

e0072382_1293210.jpg

最近自分の中でのモノ選びの基準は
「10年後も美しいか」
「10年後も価値があるか」
みたいなことになってきているのですが
日に日にその想いは強まる一方で・・・
オトナになったということなのでしょうか(笑
パラノイアのルアーは間違いなくそうなる気がします。
e0072382_145176.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2007-12-05 01:29 | ルアー
2007年 11月 23日

希望

「忍耐とは希望を持つ技術である」
誰が言った言葉かは忘れましたが、
水面での釣りにこれほど見事に当てはまる格言もなかなか無いような気がします。 
e0072382_01653100.jpg

今年は公私共に忍耐ばかり。 
希望を現実にするのはとても難しいことがよくわかりました。
さてさて 来年はどうなることやら。。?
希望は捨てずにいきましょう。
e0072382_2141265.jpg

かすかな希望を心に封じ込め
せこせことルアーのフックを交換する 寒い季節です。
[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-23 02:14 | ルアー
2007年 11月 18日

納竿


e0072382_3335013.jpg

夜中に思いつきで始めた部屋掃除ですが
いつの間にか釣具の掃除、メンテ、整理、整頓になってました。
いい時間を共にした道具達に感謝を込めて。 
ご苦労様でした!
e0072382_334383.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-18 03:36 | ルアー
2007年 11月 16日

Fantastic Plastic

なんだ? いったいどうしたんだ俺?
急にPOP-Xが気になり出したぞ。
プラスチックのルアーなんぞ使わんとかなんとか言ってたはずが
突如POP-Xフィーバー。
なんで今さら。 ヤバいって。
久々に昔買ったのを引っ張り出して ご満悦。
’97モデルとかあるじゃん。 もうオールドの領域?
いいじゃんいいじゃん。

小さなルアーが気になり出してはいたが
まさかここまでくるとはね。。
e0072382_11225.jpg

古いルアーをひっくり返しているうちに
小学生の頃買ったルアーが目にとまる
プラスチックの質感が大好きだった
初めてバスを釣ったルアー、タイガーだっけ。
良く通った沼やお堀の情景が脳裏に甦る
まるで昨日のことのように鮮烈に

500円の竿で精一杯釣りをしていたあの頃
もしかするといまより「幸せ度」は高いかもしれないなあ
e0072382_21143666.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-16 20:44 | ルアー
2007年 11月 13日

木っ端微塵

やっぱりねえ。。
行っては見たものの、すっかり冬でした!

最初はいつも釣れそうに思える
が、そう見えるだけ
これもいつものこと
e0072382_23202420.jpg

いつのまにか時間だけが過ぎていく
結果が出ようが出なかろうが 結構満ち足りた時間だということに変わり無し
e0072382_23204051.jpg

今日はハトリーズから始まり 最後にはPOP-Xまで投入したが
全く持って異常無し。
e0072382_23205754.jpg

そして何事も無く
静かに夕暮れがやってくる
予想通りとはいえ  やはり ツライ
今年もおしまいかなあ〜
[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-13 23:22 | ルアー
2007年 11月 11日

まさか

10月6日のエントリーで書いたように、
「小さなプラグを気持ちよく投げられる竿」をずっと探していたのですが
まさかまさか、ここに落ち着くとは。

ito engeneering の Pagani, ELESEです。
http://www.megabass.co.jp/product_detail.php?keyid=136&item1=1
うらしま堂のCustomと迷ったのですが
ちょっと知らない世界を覗いてみたくなりました。
e0072382_7114791.jpg

明日千葉の方に実釣テストに行ってみようかと。
この寒い中 トップで押し通すのも難しそうですが
果たして?!

e0072382_20594447.jpg


明日の道具立てを考えながら
フックを替えたり ラインを巻き直したりしている時間は幸せなのですが
外は冷たい雨が降りやむ気配も無し
だめかな。。?
[PR]

by PARANOIA1970 | 2007-11-11 07:11 | ルアー
2007年 11月 08日

あれ

11月?   もう・・ 冬ですか?
最近妙に寒いと思ったら。
釣りの季節、気がつけば終わってました(悲
(仕事ばかりでゆとりが無い証拠ですね・・)

この時期の釣りは相当厳しいとは思いますが
もう一度くらい行きますか。

一軍ボックスを開いてみると
今年は相当釣れてないことに驚きました。
今シーズン、この中で釣ったルアー、5個くらいしかないよ!

e0072382_783235.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-08 07:08 | ルアー
2007年 11月 08日

Title

ヘドン、バグリー、レーベル、コーデル・・・
釣りキチ三平世代の僕らのツボを確実に捉えるこの甘美な響き、
ほら、イメージするだけで頬がゆるむでしょ?

だけど・・
想い出は思い出として美しいままでいて欲しかったと思うのはこんな時です。
なんと、ボーマーの「ロゴ」が劇的に変わってました。

ボーマーと言えば こうだったでしょ?
e0072382_691727.gif


それがこんなです。
e0072382_695734.jpg


まあどんな業界でもロゴが変わったりすると前の方が良かったとか
非難するのもまあ、ありがちなネタですが コレはかなり許せん。
JALの機体のカラーリングが現行型に変わった時も 
よっぽど投書でもしようかと思ったくらいですが 
こと自分の好きな趣味の分野でこんな暴挙がまかり通ってしまうのは辛いものです(笑 

でも今風の「デザイン」的価値観でみるとわからんでもないんだよね 新しいのも。
でも僕らにとってどっちが「魅力的」かといえば違うんだ。

自分がやってることも こうじゃないといいんだけど。 
[PR]

by paranoia1970 | 2007-11-08 06:15 | ルアー
2007年 10月 06日

Cutie Devils

最近バスもスレてきたせいか、
こんな可愛らしいルアーが目につくようになってきたような気がします。
オンスプラグ至上主義的な考え方が主流だったトップウオーターの釣りでしたが
やはり時代は移り変わるのでしょう。 
このかわいいらしいプラグ達、なんとなく新世代を感じさせてくれます。 
なにより釣れそうだし。
’50年代、巨大なアメ車がカッコいい時代がありました。
今はフィットやプリウスがカッコいいのです。 
やせ我慢は多分長続きしません。
e0072382_3172260.jpg

見た目は可愛いけどバスにとってはかなり脅威になりそうなこのプラグ達、
使ってみたけど かなり軽いので気持ち良く投げられる竿が無いのです。
どんなのがいいかなあ アレかなあコレかなあと考えているうちに
すっかり新しい竿を買う気になってしまっている自分がいました。
ルアーやクルマは縮小傾向なんだから、物欲も縮小して欲しいものです。。
(給料は拡大傾向で可)
[PR]

by paranoia1970 | 2007-10-06 03:20 | ルアー
2007年 10月 03日

Dazzle

「10月」 ・・・ 微妙に気が重くなる響きです。
何故って、渓流は禁漁期間に入ってしまい
バス釣りもシーズン終了の気配を感じてしまうからです。
でも今年は紅葉も遅いっていうし、意外に長く楽しめるかもしれません。
いや、そう思い込む方向で前向きに考えます。  まだまだいけます。
先週末も千葉方面の野池に行った友人がトップで7本(!)と釣れたそうだし。
その時は風邪をひいてしまい 泣く泣く断ったのがかなり悔やまれます。
早く治らないかなあ この風邪。
e0072382_16453970.jpg

次に行った時、これで釣りたい! ルアーを入手しました。
クワイエットファンクの ’Dazzle Mouse Vie' というウッド製のルアーで
大きさ(3/4oz)といい 形といい なんとも釣れそうじゃないですか。
色なんかまさに秋の色って雰囲気で 
風流を理解する日本生まれ&日本育ちの
バス君なら黙って見ていられないはず。(多分)
単に「栗」っぽいだけか? それともキノコっぽい?

ルアーのデザインに季節感を入れる発想って、日本独特の考え方ですね。
他にも、干支に合わせてルアーを作るなんて、外国では考えられません。
季節感や風情のある釣りって、いいです。
釣りに限らず「風情」っていいです。

他にも 個人的に「秋」を感じるルアーの写真を載せておきます。
今年はこのルアー達で釣れたら納竿としましょう。
e0072382_16521411.jpg

おっと、今回のエントリーのタイトルを’Dazzle'にしたのを忘れるところでした。
さっき紹介した’Dazzle Mouse Vie'のネーミングからなのですが、
’Dazzle'
なんだかこの単語に妙に惹かれてしまうのです。
意味もいいですし。
理由を考えてみると結構簡単な理由だったりして
昔聴いていたお気に入りの曲の一つに
Siouxsie and the bansheesの’Dazzle'があったり
好きだったDrum&BassのDJに’Dazzle-T'って人がいたり
いわゆる青春の1ページってやつを思い出すからなんでしょうね。

・・・なんだか暗い青春を送っていたように聞こえてしまいますがそんなことは。。

「ダズル」
「だずる。」
んんん。。 微妙に山形弁っぽいから好きなのかも。。
e0072382_1659551.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2007-10-03 16:36 | ルアー