カテゴリ:オススメ( 45 )


2009年 09月 14日

Prototype

e0072382_21323449.jpg

へへへ。 
運良くもらってしまった。
机の周りはすっかりカオス状態!

あ〜楽しい☆

しかし、帰宅途中にうっかりロンギヌスの槍を折ってしまった!
なんたることだ。
慌てて修理中。
それにしてもこのデザイン・・・「二重螺旋」ってカッコ良すぎるよね。
e0072382_22102488.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2009-09-14 21:33 | オススメ
2009年 09月 08日

End of Summer


夏の終わりは犀川のレインボーで締めくくろうと思い立ち
夜の中央道を長野に向けてひた走る
車中では睡魔と戦いながらホーミーの猛練習
うん、ちゃんと倍音になって来た気がするよ!
e0072382_1718798.jpg

初めて立った犀川の流れは重くて早い
いかにも大物がいそうな流れだ
さて一投目・・・ 
対岸ギリギリに落ちたスプーンが
底近くで泳ぎ始めたその時
ガツン!と鋭いアタリ
え? もう?
すかさずアワセ!
おお イイ引き!
トルクフルな疾走! ジャンプ!
近くのフライマンがこっち見てる!
よし、あえてファイトを長引かせ見せつける(笑)
でもこちらは60オーバー狙いだったのでサクラマス対応のタックル
45くらいのサイズではあっけなく寄ってきちゃうのね〜
よし、ネットイン!
いかにも犀川らしい幅広の逞しいニジマス!
ヒレもパーフェクト!
レッドバンドも鮮やか!

写真写真・・・ げ! カメラ忘れた! OTL

そんな訳で写真はありません。 トホホ。
(以下、写真はケータイでの撮影)

そして魚もそれっきり・・・

昼近くになると川下りのゴムボートが続々とやってくる
ボートから小学生くらいのグループが元気良く
「こんにちわ〜!」
こちらもかなり爽やかな面持ちで手を振り返す
「こんちわ〜!」
サカナより元気な子供達に癒されてしまったのでありました。

e0072382_1718368.jpg


いかにも大物が潜んでそうな滔々とした流れ
また来なきゃね!


e0072382_1912038.jpg

お昼食べようとしたラーメン
お湯を入れて気付く。
「げ! 箸忘れた!」
コンビニは遠いし・・・ 
よし。現地調達で。
目の前にいい感じの枝が。
「申し訳ない!」 ポキリ。
ナイフでイイ感じの箸をこしらえた。

ズルズル。 イケル!

手作り箸で食べるラーメンの味もまた格別の週末でした☆
e0072382_17182330.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2009-09-08 19:17 | オススメ
2009年 07月 28日

EVA-02

「破」の出来があまりに良かったせいか?!
勢い余って絵を描いてしまった。 
e0072382_23343130.jpg

個人的に一番カッコいいと思う2号機をモチーフにしたクルマ。
新劇場版の2号機はツノが付いてて好きじゃないので
オリジナルの方で。


そして相模湖アタック再び。
釣れない釣れない相模湖ですが
ついついもしかしたら・・・と期待してしまうのですよ。
でも、やっぱり、案の定、当然ながら、釣れないのですよ。
e0072382_22291729.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2009-07-28 22:12 | オススメ
2009年 07月 12日

Primary

具象から抽象へ
写真でのシュールレアリズムはあり得るのか? その可能性を探る実験。
さもなくば、表現から恣意的な要素を徹底的に削ぎ落とし ヒトの「意志」を隠蔽する事で
ラスコー壁画にも匹敵する純粋かつ根源的表現に還元する目論み。

♯1
e0072382_20423290.jpg


♯2
e0072382_20434813.jpg


♯3
e0072382_20425824.jpg


♯4
e0072382_493358.jpg


・・・というのは大ウソで、
子供達にデジカメをおもちゃにされ
取り戻した時に写っていた正体不明の画像たち。

なかなか悪くない・・
[PR]

by paranoia1970 | 2009-07-12 04:31 | オススメ
2009年 06月 27日

夏、来たような

e0072382_18472015.jpg

今朝起きてみたら
睡蓮鉢にオオカナダモの花が咲いていた。
ちりめんのような薄くしわしわの可憐な姿に 
守ってあげたい本能が目を覚まし
もうちょっと日当りのいいところに動かそうと思ったら
花びらが濡れた途端
花そのものが濡れたティッシュのようにくしゃくしゃに・・・

なんと! 
水生植物の花が水に弱いってどういうことよ?!
一つ勉強になりました。
許してくだされオオカナダモさん。

隣には姫睡蓮のつぼみが伸びて来ています。
そろそろ咲くかなあ。


e0072382_18493226.jpg


ハタケも眩い日差しの下
元気に光合成中。
(BGM: UA/黄金の緑)

ジャガイモ!
ナス! 
エダマメ!
みんな美味し!
 



明日は久々に渓流へ

ああ 本当に久しぶり!!
e0072382_19135269.jpg


エヴァも観に行かなきゃなあ〜
[PR]

by paranoia1970 | 2009-06-27 18:48 | オススメ
2009年 06月 18日

高貴と卑俗

e0072382_7172866.jpg
卑俗な人間たちには、
全ての高貴で寛容な感情は不得策なものと映るから、
それらが信じがたいことのように見える。
卑俗な人々は高貴な類の事柄を聞くと
眼をパチつかせて、こう言いたがる。

『そこにはきっと何かしらの相当な利益があるのだろう。
われわれは全ての壁を通して見る事はできないから』と。

かれらは高貴な人間がどこかの抜け道で
利益を求めているかのように邪推するのだ。

そして高貴さに利己的な意図や利益がないという点ではっきり
納得がいくと、今度は高貴な人間を愚か者として想定する。

かれらは高貴な人間が喜ぶ姿を軽蔑し、その眼の輝きを嘲笑する。

『なんだって損をすることをよろこんでいられるのだろう。
なんだって見えすいている事柄にむざむざのることができるのだろう。
それは高尚な感情につきまとう理性の病気に違いない』

卑俗な人々はそう考え、軽蔑の目つきをする、
さながら狂人がその狂気によって味わう喜びを軽蔑する様に。

卑俗な人々の特徴は、みずからの利益をわき目もふらずじっと
見つめること、また目的と利益を目指すこの思考が、
自己のなかの最も強い衝動以上に強いということである。

自己の衝動によって不得策な行為に誘われないということ、
これは卑俗な人間の理性であり自尊心である。

そしてかれらと比べれば、高貴な人間は非理性的である。

なぜなら高貴で寛容で犠牲を厭わない人間は、
ほんとうに自己の衝動に従う、
そしてかれの最善の瞬間において、
彼の理性は休止するからだ。

生命を賭して仔を守り、あるいは交尾期にはいると
死の危険を冒しても雌を追いかける動物は、
危険や死のことについて考えない。
動物の理性は休止する。
つまり仔や雌へのよろこびと、
そうしたよろこびを奪われるかもしれないという恐れが、
動物を完全に支配するからである。

動物は平常よりも愚かになる——高貴な人間も同様だ。
高貴な人間は、理性を沈黙させるか、もしくは理性を
従わせるほどの強さを備えた快感や不快感を抱く。
そうしたとき、かれの心臓は頭へと昇ってゆく。
ひとが『情熱』について語るのはこういうときである。

情熱の非理性、そして情熱の逆理性は、
卑俗な人間が高貴な人間を軽蔑する当のものである、

ことにその情熱が、理性の立場からすれば
まったく空想的で勝手に見えるような対象に
向けられている場合はまさしくそうである。

卑俗な人間は、情熱に屈している人間に対して憤慨する。
かれらは人が情熱の為に生命と名誉すら賭すことが理解できない。

高貴な人間は、例外へと向かう。
かれは独自な価値基準を持っている。
だが、かれは大概の場合、己が特殊かつ独自の
価値基準を例外的に持っているということを信じない。

かれは寧ろ、自分の独自の価値と無価値の判断を
一般に通用する価値と無価値と信じ、その為、
理解しがたい非実際的な存在となる。

高貴な人間が卑俗な人間を卑俗な人間として
理解し取り扱うだけの理性の余裕を持つ事は、
ほぼありえないことである。

大概の場合、かれはかれの情熱を万人がそのかげに
秘めている情熱と信じ、まさにこの信仰によって、
情熱はさらに溢れ、雄弁になってゆく。

だが、このような例外的人間たちが己を例外として
感じることができないのならば、どうしてかれらは卑俗な人間を
理解し、ありきたりなものを評価することができようか。

こうしてかれらも人類の愚劣や、
反目的性や、幻想について語る。

そのとき、なんと世界の成りゆきが気違いじみていることか、
またなぜ世界は『世界にとって必要である』ところの
ものを信じようとしないのか、心から不思議に想いながら

——これが高貴なる人々にとっての永遠の不当性である——

(フリードリヒ・ニーチェ「華やぐ知慧」)



e0072382_717372.jpg
[PR]

by paranoia1970 | 2009-06-18 05:54 | オススメ
2009年 05月 12日

DISCO! DISCO! DISCO!

行ってきましたPerfume@代々木体育館☆
ええ、かなり熱狂したような気もします。
’YOYOGI DISCO MIX’ は音楽・映像共に至高の作品。
(MZ-2000はやっぱりカッコイイことも再確認☆)
アイツ、おかしくなったのでは・・・とか心配されそうですが、
多分大丈夫です。 精神状態は至って平穏そのもの。
http://ro69.jp/live/detail.html?20571
e0072382_028493.jpg

諸行無常は天地のならい
一瞬開いた奇跡の花に祝福を。











[PR]

by paranoia1970 | 2009-05-12 00:30 | オススメ
2008年 10月 28日

Innocence

e0072382_3294089.jpg

玄関先の睡蓮鉢に花が咲きました
これがたいそうかわいらしい
朝から開き始め
夕方にはまた蕾んでしまうため
なかなかお目にかかれないとこがまた魅力
美は儚いものです
それとも、儚さそのものが美なのでしょうか
[PR]

by paranoia1970 | 2008-10-28 03:35 | オススメ
2008年 06月 02日

GAME OVER

ブログのタイトル、突然ですが変わりました。
特に深い理由は無いのですが、落ち着いた生活をしたいという
深層心理の現れかもしれません(笑)

さて昨日は、初夏らしい爽やかな快晴ということもあり
行けそうでなかなか行けなかった御近所の名所、
玉川上水沿いをお散歩してきました。

近所にこんなイイ森があったことに驚き
e0072382_435448.jpg


コノハズクに驚き
e0072382_4365815.jpg


道端の道祖神(?)に頭を垂れ
e0072382_4371095.jpg


懐かしい雰囲気のカフェで一息
e0072382_4353055.jpg


ん〜 地元って結構深い!

地元を楽しむ生活もいいものです。
なにか大切な理由があるような気がします。

最近 庭先に夏らしい雰囲気を醸し出そうと、
睡蓮鉢をおいてみました。
メダカさん、ドジョウさん、エビさん達も一緒です。
仲良く、元気で生きてほしいものです。

e0072382_4355755.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2008-06-02 04:40 | オススメ
2008年 05月 10日

Rosso

以前から行きたいと思ってた 調布飛行場に行ってみました。
飛行機を見ながら「プロペラ・カフェ」で一服。
のはずが、展示してあった 
とある模型に視線は釘付けに。
(実機より模型で盛り上がるちうのもどうかと思うが・・)

カフェの片隅になんとも見事なマッキの模型があったのです。
あまりの美しさに、はしたないと思いつつも
ついお値段を聞いてしまいました。
e0072382_1631077.jpg

なんでもイタリア(だったかな)で手作り、
しかも一点ものなのでスウヒャクマンエンになるとのこと。ひっくり返りそうになりましたが、あの出来なら納得でしょう。
e0072382_1633857.jpg

惚れ惚れ。
いいもの見せてもらいました♪

それで思い出した。
コンビニで売ってる京商のミニカー、
シリーズもので出てるのですが
値段の割に(600円チョイ)なかなかイイ出来しているのです。
つい集めたくなるのですがなかなか売ってないのです。
見てるとにわかイタリアファンになってしまいそう(笑

e0072382_16313498.jpg



それでまた思い出した。
最近オマケがエスカレートしまくりの缶コーヒー界ですが
往年のタミヤRCバギーのチョロQバージョン(?)
シリーズには思わず萌え。
ええ、萌えるに決まってるじゃないですか。
次は是非、京商/ヨコモ/AYK/ヒロボー・・・と展開して欲しいところです。
せめてスコーピオンとトマホークとオプティマとドッグファイターと
サイドワインダーと・・・全然「せめて」じゃないか。
e0072382_16315137.jpg

これに触発されたか、
最近書店でにいくと、つい「ラジコンマガジン」とか
立ち読みしてしまいます。 
おおヨコモから新作が!
危険な予感。。
[PR]

by paranoia1970 | 2008-05-10 16:35 | オススメ