<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 24日

3776再び

また行ってみた、 富士の頂き。
今回は一人じゃないから心強い。
お鉢巡りも出来ました。

御来光、何度見ても感動。
火口の雄大さに戦慄。

人間は小さい。

富士山の、「この世からちょっと抜け出した感じ」がたまらなく好き。
e0072382_3101391.jpg
e0072382_3102670.jpg
e0072382_3141491.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2010-09-24 03:10 |
2010年 09月 13日

両神山

山登りにはまった・・・というのは前回のエントリにて書いた通り。 

今回は「登山、ほぼ初心者」4人衆で
秩父にある「両神山」にチャレンジしてみた。

更に今回は、数ある登山ルートの中でも
厳しい事で名高い、「八丁ルート」を選択。
果たして生きて帰れるのか?

入山口にある注意書きがいきなりビビらせてくれる。
スミマセン、ほぼ初心者です。 気をつけます。
e0072382_2172041.jpg

注意書きの通り、森林を抜けると鎖場の連続。
垂直にそそり立つ岩壁を、鎖にしがみつき登って行く。
これが楽しみだったんだけど、 つ、つらい・・・
e0072382_22163.jpg

鎖さん鎖さん、切れないでね。
e0072382_221395.jpg

アップダウンが激しいのなんの。
登っては下り、下りたと思いきやまた鎖場!
その繰り返し。
かなりくじけそうになる。

e0072382_22321100.jpg

でもがんばると、いいこともあるんだよやっぱり。
すうっと 遠くまで、気持ちよく澄んだパノラマ。

ああ気持ちいい。
e0072382_2233621.jpg


遠くに富士山がちょっと見えた。
e0072382_2235594.jpg


あー疲れたね。 頑張った頑張った。
明日は筋肉痛だ!

下りもまたツライんだこれが・・・
[PR]

by paranoia1970 | 2010-09-13 02:53 |
2010年 09月 11日

山にハマる

富士山に登ってからというもの
山にハマってしまったようだ。
我ながらこの単純さに呆れる。
でも楽しいものはしょうがない。
思い立ったが吉日。
人生は短いのだ。

今週末は秩父の「両神山」に挑戦。
難所の連続「八丁尾根コース」
うーむ、これは死ぬかもしれん。。(汗
その時は宜しく。

e0072382_6203192.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2010-09-11 06:20
2010年 09月 07日

20世紀の夢

あ〜 懐かしい! とつい買ってしまったハンカチ。

e0072382_54911.jpg


小学生の時だったかな。
羽田から筑波までヘリで行ったような。

この万博にあったパビリオン「くるま館」
そこでカッコいい!って感動した「イプシロン」って車があって
その車をデザインした方が10年後に僕の先生になって
その方に出逢って今の仕事を初めて・・・
不思議な御縁が重なって
今の自分がいるんだなあとしみじみ。

20世紀は「科学技術」がヒトを幸せにしてくれる、と誰もが信じてた時代だった。
21世紀は輝かしい未来のはずだった。

今の人が「信じられる事」ってなんだろね?
[PR]

by paranoia1970 | 2010-09-07 05:02 | オススメ
2010年 09月 06日

Wonder 3

最近、驚愕したネタ3連発。

MUN!さんに頂いたルアー。
一緒に見せて頂いた夥しい量のホットショットにも感動。
あれは早く重要文化財に指定したほうがいいですよ、MUN!さん。
e0072382_2116353.jpg


子供達が公園で拾って来た玉虫。
とんでもない色。 輝き。  ギラギラ。
僕はジュエリーや貴金属にはさほど美を感じないが
これには無条件に感動。 
保護色なのかなあ?
e0072382_21164568.jpg


高輪の某ホテルで行われた「大鉄道博」
売店もマニア好みのネタがどっさり。
中でも衝撃的だったのがこれ。
「びわこハリウッド」
意味が分からない上に、異常に語呂がイイ。
底抜けの明るさの影に、かすかに漂う昭和的哀愁。
このネーミングセンスに感動。
これを付けた電車がホントに走ってたなんて!
e0072382_2116555.jpg

[PR]

by paranoia1970 | 2010-09-06 21:16 | オススメ